Top >  メイク方法 >  メイク直し

メイク直し

メイクが崩れると、あぶらとり紙を使って脂を取って化粧直しするのはやめましょう。

あぶらとり紙を使うと、皮脂を取ることによって、肌自身が脂を出そうとして、ファンデーションが余計にヨレてしまうことになります。

あぶらとり紙、ティッシュなど、乾いた紙を顔に当てると、肌の水分まで余分に取ってしまったり、摩擦で肌を痛めてしまいます。

皮脂が出てきたら、水分を足して、肌の脂と水分のバランスを整えてあげましょう。

コットンに水分を含ませたものを軽く絞って顔を押さえたり、化粧水、水を含ませたコットンを小さなビニールのポーチに入れて持ち歩けば、外出先でもローションパックができるのでいざという時に便利です。

凍らせた保冷剤をハンカチに包んで持ち歩けば、凍った保冷剤が少しずつ溶けてハンカチが湿って、顔を押さえると汗を拭い、顔のほてりも沈静されて、肌が落ち着きます。

皮脂が多い脂性の肌でも、Tゾーン以外はかさついている場合も多々あります。

皮脂は、自分の身体から分泌される天然のクリームで、テカリが出たら清潔な手で押さえて、目元や口元など、乾燥しやすい部分に移します。

メイク直しは自分の皮脂で、という驚きの方法です。


佐伯チズさんがメイク直しに持ち歩いているもの

1 ハンカチに包んだ凍らせた保冷剤
2 粉コットン
3 日焼け止めクリーム、乳液、下地クリームを混ぜたものを入れた小さな容器

スポンサードリンク


メイク方法 一覧
下地クリームの塗り方
佐伯チズさん式のベースメイク作りは 下地クリームと日焼け止めクリームを混ぜて 指、手のひらを使って毛穴1つ1つに入れ込むように肌に密着させます。 スキンケアとは...
ファンデーションの選び方
佐伯チズさんは、パウダーファンデーションよりも リキッドファンデーション をおすすめしています。 パウダーファンデーションは、手軽につけられて便利ですが、時間が...
ファンデーションの塗り方
ファンデーションは、下地クリーム同様、指、手のひらを使って肌に密着させます。 スキンケアの段階から、それぞれの化粧品が肌に浸透していないのに立て続けに塗り、ファ...
粉コットン
リキッドファンデーションをつけた後は、白粉(フェイスパウダー)で仕上げます。 ファンデーションで肌の色を整えたのを崩さない透明の白粉、なるべく粒子が細かいものが...
メイク直し
メイクが崩れると、あぶらとり紙を使って脂を取って化粧直しするのはやめましょう。 あぶらとり紙を使うと、皮脂を取ることによって、肌自身が脂を出そうとして、ファンデ...
佐伯チズさん愛用下地・日焼け止め
佐伯チズさんが愛用、おすすめしている日焼け止めクリーム・化粧下地クリーム・ファンデーションをご紹介します。 ★ミキモト化粧品 「サンプロテクター」 SPF23、...

メイク方法

関連エントリー
下地クリームの塗り方 ファンデーションの選び方 ファンデーションの塗り方 粉コットン メイク直し 佐伯チズさん愛用下地・日焼け止め