Top >  メイク方法 >  ファンデーションの選び方

ファンデーションの選び方

佐伯チズさんは、パウダーファンデーションよりも リキッドファンデーション をおすすめしています。

パウダーファンデーションは、手軽につけられて便利ですが、時間が経つと化粧崩れしやすく、目元、口元のシワが浮き上がって目立たせてしまったりと大変なことになりがちです。

リキッドファンデーション は水分と油分のバランスが優れていて、肌になじみやすく、化粧崩れもしにくいのが特徴です。


ファンデーションの選び方のポイントは、ピンク系、オークル系、2色のリキッドファンデーションを揃えます。

普段よりも体温が高い時、手足が冷えて顔色が悪い時など、私たちの肌は毎日一定ではありません。

血色が悪い時は、2対1の割合でピンク系のファンデーションを多めにする、顔にほてりがある時は、オークル系のファンデーションの量を多めにすると赤みを抑えることができます。

ピンク系、オークル系のファンデーションの配合によって、その日の肌色を作り出すことができます。

色を選ぶ時は、自分が思っているよりも一段濃い色を選んだほうが肌をきれいに見せてくれるそうです。

少し濃い目の色のほうが肌に収まりやすく、時間が経ってもくすみにくい、というメリットもあります。

スポンサードリンク


メイク方法 一覧
下地クリームの塗り方
佐伯チズさん式のベースメイク作りは 下地クリームと日焼け止めクリームを混ぜて 指、手のひらを使って毛穴1つ1つに入れ込むように肌に密着させます。 スキンケアとは...
ファンデーションの選び方
佐伯チズさんは、パウダーファンデーションよりも リキッドファンデーション をおすすめしています。 パウダーファンデーションは、手軽につけられて便利ですが、時間が...
ファンデーションの塗り方
ファンデーションは、下地クリーム同様、指、手のひらを使って肌に密着させます。 スキンケアの段階から、それぞれの化粧品が肌に浸透していないのに立て続けに塗り、ファ...
粉コットン
リキッドファンデーションをつけた後は、白粉(フェイスパウダー)で仕上げます。 ファンデーションで肌の色を整えたのを崩さない透明の白粉、なるべく粒子が細かいものが...
メイク直し
メイクが崩れると、あぶらとり紙を使って脂を取って化粧直しするのはやめましょう。 あぶらとり紙を使うと、皮脂を取ることによって、肌自身が脂を出そうとして、ファンデ...
佐伯チズさん愛用下地・日焼け止め
佐伯チズさんが愛用、おすすめしている日焼け止めクリーム・化粧下地クリーム・ファンデーションをご紹介します。 ★ミキモト化粧品 「サンプロテクター」 SPF23、...

メイク方法

関連エントリー
下地クリームの塗り方 ファンデーションの選び方 ファンデーションの塗り方 粉コットン メイク直し 佐伯チズさん愛用下地・日焼け止め